フリーローン審査甘い銀行はどこがいい?【おすすめの借入先】

なるべく審査の甘い銀行でお金を借りたいとお考えの方へ。お金を借りるには銀行の審査に通る必要があります。「銀行のフリーローン審査は甘いのか?厳しいのか?」「どうやってお金を借りたらいい」と不安の方に銀行フリーローンの借り方について解説します。
トップページ > 安定して収入があれば契約社員でも、借入が可能
ページの先頭へ

安定して収入があれば契約社員でも、借入が可能

安定して収入があれば契約社員でも、借入が可能です。

この審査で重要視されるのは、今までの勤務期間です。

たとえ勤務していた場所が何度も変わっていても、派遣元の会社に長期間在籍しているならば、何ら問題ないのです。

なお、社会保険証を所持していればそれも提示することで、提出しないケースよりも審査が有利になります。

どのような理由があろうと、人の名前でフリーローンでお金を借りることは法律に反しています。

家族に内緒で名前を借りるようなことはもちろん、相手が名前を使うことを承諾してもいけません。

自分の名前を使って無理ならば、潔く諦めるべきです。

返済能力がないと判断されたので、融資を受けることができないのです。

ご自身に返済能力がないのに他人の名前を使えば、返済の目途が立たずに迷惑をかけるどころか、名義貸しとして相手も罪に問われてしまうでしょう。

フリーローンサービスとは、銀行や消費者金融などの金融機関が提供しているサービスで、必要に応じて融資を受けることができます。

クレジットカードに付帯したフリーローン枠で現金を引き出すこともフリーローンといいます。

消費者金融や信託会社などはノンバンク系と言われ、銀行の提供するサービス、いわゆる「銀行系」とは区別されます。

なぜなら、銀行のフリーローンと、ノンバンク系のフリーローンサービスでは、施行される法律が違う為です。

具体的には、前者は銀行法に則って運営され、後者の場合は貸金業法に従ったサービスを提供しています。

実は、私の姉は借金の泥沼にはまり藁にもすがる思いで始めた債務整理の渦中におります。

寝耳に水の話ですぐには信じられなかったほどです。

今考えればありえないような嘘のメールに騙され、作ってしまったのは、信販会社へのとんでもない額の負債でした。

それに加え姉は、精神の病を患っています。

病気だなんて全く思えないように見える時があったかと思うと、同一人物とは思えないほどの変わりようを見せたりするのです。

まさか騙されているとは思いもしなかったため、それなりのお金を借りても返済できると判断されたのでしょうね。

姉のような事件は序の口で、更に二重三重の被害にあう事も少なくないと言います。

最近の借金は簡単です。

ネットで申し込んで口座に振り込んでもらえば、外に出なくてもこんな簡単でいいのかなと思うくらいすんなりとお金が借りられるのです。

このようなシステムをスマートに使うには、ユーザーの冷静な判断力や常識的な金銭感覚が大切だと思います。

それが欠けていると知らない間に返済が膨らみ、苦しくなってしまうでしょう。

銀行やローン会社の窓口での借入なら、話をしている間に落ち着くので、客観的にみても問題のない判断ができそうですが、PCやスマホで事務的に打ち込んでいくだけなら、自分で自分に充分なフォローができるでしょうか。

正直言って疑問に思います。

対面窓口がいまでもある理由も、わかる気がします。

カードを使用して借入をするときは、業者のATMを使うか、あるいは提携しているところのATMを使いますが、業者は全てのコンビニと提携してる訳ではありません。

自分が頻繁に利用するコンビニのATMを使える業者であれば、そこから借入はもちろん可能ですが、返済も出来るので、とても利便性に優れていると言えるでしょう。

業者選びの際にこういったことも含めて決めれば、便利に利用できるようになります。

私がお金に困ったのは会社で昇格したときです。

給料はあまり上がらず部下が増え、飲み代を払ったりしていた結果、自分の支払いのほうで困るようになっていました。

そのとき、クレジットカードを持っていたことを思い出しました。

フリーローンを使えば万事解決です。

ボーナス以上の額が借りられて、いちいち審査を受けなくても手軽に借りることができ、月々いくらかに分けて返済していけば良いのです。

ボーナスで返せるからと、サクサク使っていたら、早々とフリーローンの上限金額まで使い切ってしまいました。

フリーローンやカードローンなどの貸金業は、法律によってきちんと管理されています。

例えば数年前の改訂では利率は20%から18%に制限され、それに合わせて業界全体の金利が下がったことがあります。

しかし実情としては、最大18%の金利が利息制限法で認められているのに、登録を受けた業者なら出資法に基づき29.2%以下の金利で貸付ができるという状態でした。

一見して矛盾しているようですが、きちんと登録されていれば合法なのです。

この18?29.2%がグレーゾーン金利と呼ばれています。

最近頻繁に耳にする『過払い請求』というのは、グレーゾーン部分の金利を払った人が返金してもらうための請求を起こすことで、専門知識のある法律事務所が代行しています。

本当に支払いに窮してくると、消費者金融での借換やおまとめローンなど、ややもすれば高金利な方に目がいきやすいです。

生活資金に限れば、居住地の公的機関の融資も検討に入れてみてはいかがでしょう。

全国の社会福祉協議会では最大3.0%という低い金利で融資が受けられます。

また、この生活福祉資金貸付では、連帯保証人を立てられれば無利子(利息負担ゼロ)となる点がありがたいです。

どんな制度なのか調べてみて、最適な判断をしてください。

今では当たり前のことですが、その当時は無人契約機の登場は画期的だったと言えるでしょう。

なぜなら、それ以前のフリーローンの申し込みは、窓口で直接行うという方法が普通でした。

今では随分フリーローンの方法も変わり、自宅に居ながら契約することが可能となっています。

最近はスマートフォンを使っている人も多いと思いますが、そういう場合は金融機関公式のアプリをダウンロードすると返済シュミレーションを立て、計画的なフリーローンが可能になります。

Copyright (c) 2014 フリーローン審査甘い銀行はどこがいい?【おすすめの借入先】 All rights reserved.