白髪染め注意点

白髪が増えてきたので白髪染めを使おうと思っている方は、ちょっと待ってみてください。

白髪染めには注意しなければいけない点がいくつかあるので、まずはそちらを確認してから使うようにしましょう。

よほどのことがない限りは大きな問題には発展しませんが、人によっては大変なことになってしまう可能性もあるからです。

白髪染めを使用する時に注意しなければならないのは、アレルギー症状です。

酸化染毛型の白髪染めにはPDDA(パラフェニアレンジアミン)と呼ばれる刺激成分が含まれています。

これはとても刺激が強いもので、肌の弱い方が使用するとかぶれや湿疹などのトラブルを引き起こしてしまいます。

これだけならまだしもアレルギー症状のある方が使用すると、目の痛みやセキなどの症状、酷いときには呼吸困難を発症する可能性もあります。

このようなことを防ぐためにも、パッチテストを徹底してトラブルを防ぐようにしましょう。

ちなみに白髪染めの中には天然色素を染料としているものもあるので、アレルギー症状があるという方はそちらを使うと良いでしょう。

白髪染めを使用している時に気になる問題として、液だれがあります。

これは染めている時に余分な染料がたれてきて、目に入ってしまう可能性があります。

白髪染めは刺激が強いものなので、目に入ると結膜炎やまぶたの腫れなどの症状を引き起こします。

最悪の場合は失明の可能性もあるので、十分に気をつけてください。

白髪染めは簡単に使えるものですが、気をつけなければいけないことはたくさんあるのです。